1. TOP
  2. 焙煎度合い

焙煎度合い

焙煎度合いの選び方

まめやでは、美味しい珈琲をお客様に届けるために、ご注文を頂いてから、お好みの煎り方で焙煎します。ブレンドの方法はプレミックスでそれぞれの個性を表現しつつまとまりのあるブレンドに仕上げます。
豆はすべて生の珈琲豆を使用して、 少ロットの焙煎が可能な焙煎機を使用して 15分程度で焙煎します。

生豆 焙煎前

生豆 焙煎前
(精製後の状態)

シナモンロースト(浅煎り)

シナモンロースト(浅煎り)
香りはするが味の抽出が難しい。(水出しにして飲む方が多く、カフェインが抽出しにくいのが特徴)

ミディアム(中煎り)

ミディアム(中煎り)
酸味が感じやすく、良く香ります。(ペーパー・ネル等で雑味を取り除いて飲むのが最高に美味しい。)

ハイロースト(中深煎り)

ハイロースト(中深煎り)
酸味が無くなり、深い香りが出てきます。(ペーパー・ネル・サイフォン・フレンチプレス等でじっくり抽出して深味を楽しむ。)

シティロースト(深煎り)

シティロースト(深煎り)
油分が変化し、甘味と香りに深みがでます。(※豆によっては、酸味が渋味に変化します。)

フルシティロースト(深煎り)

フルシティロースト(深煎り)
油分が甘味と深い香りを放ちます。(焙煎のタイミングとしては、慎重で繊細なローストです。)

フレンチロースト(極深煎り)

フレンチロースト(極深煎り)
油分を出し切り、まろやかな苦味が味わえます。(弱火でじっくり焼き上げます。)

イタリアンロースト(極深煎り)

イタリアンロースト(極深煎り)
苦味が増し、何とも言えない優雅なコクが出ます。(油分を焼き切るように慎重に焦げないようにローストして仕上げます。)

© 2022 生豆焙煎問屋まめや総本店 本店 特定商取引法に基づく表示
654-0051兵庫県神戸市須磨区月見山本町2丁目1番6号 TEL:078-732-1660